即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > クッキングアドバイザーになるには

クッキングアドバイザーになるには


ランキングはこちら

クッキングアドバイザーになるには?

クッキングアドバイザーになるには調理を実際に行うことや、栄養バランスの良いレシピを考える必要があるので、栄養士や調理師の資格取得が有利になり、厚生労働省が養成施設に認定されている学校に通うことがベストと言われています。

そもそもクッキングアドバイザーという仕事は、さまざまな食品の調理方法を実演することや、消費者に食べ方のポイントなどを教えることで効果的にアピールする役割を担っています。
仕事の依頼は食品メーカーや、調理家電メーカーなどが多く、その製品の販売促進が着地点であることがほとんどです。

クッキングアドバイザーの対応によっては、その企業のイメージも左右されることがあり、重要な責任も担っています。
こうした仕事以外には、自分の料理教室やカルチャースクールなどで講師を務めるなどもあります。
人によっては本を執筆することもあり、クッキングアドバイザーの仕事の幅はとても広いことがわかります。

クッキングアドバイザーの働き方や収入などについて

クッキングアドバイザーの働き方は、勤める方もいればフリーランスになる方もいて、収入は個人差が激しい世界です。
例えばスーパーや調理家電のメーカーに勤務する方の場合だと、サラリーマンと同じ扱いになること多く、その規定によって年収も変化することがあります。

自分でカルチャースクールで実演したり、本を執筆するとより収入は見込めるかもしれませんが、どこまで売れるか、どこまで集客できるのかは未知数のためなかなか相場は出せません。

クッキングアドバイザーは明るく対応でき、すべての方に平等な態度を保てる方が理想的です。
実演している製品や料理にも関心をもって研究できるとなおよく、臨機応変な対応とアイディアや探求心がある方に向いています。

近年ではテレビなどのメディアを通じて活躍の場も広がっています。
今後もやり方次第では活躍できる仕事です。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ