即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > ケータリング料理人になるには

ケータリング料理人になるには


ランキングはこちら

ケータリング料理人になるには

ケータリング料理人になるには高校を卒業後、大学や短大、専門学校で調理師免許を取得し、その後採用試験に合格すればケータリング料理人になれるというストーリーが一般的です。
この流れで一番重要なことは、国家資格の調理師免許を取得することで、この免許を取得するためにどんな学校に通うかがキーポイントになることもあります。

大学に進学しても幅広く学ぶことはできますが、調理師に特化した学習や経験は、調理師専門学校の方が強いケースもあります。
さまざまな選択肢があり、最終的には国家試験を受験して合格すれば免許は取得できるものの、そこまで行く過程がどのようなものだったのかによっては、働きだしてからの内容にも変化があります。

また初めからケータリング料理人になることを目指すのであれば、調理師免許を取得した後に直接ケータリング業界に飛び込むことも良いですが、さまざまな現場で経験を積んでからケータリング料理人として独立することもおすすめです。

経験を積んでいるときはジャンルや形態にとらわれずにさまざまなことを経験し、場合によっては海外に修行に出ることも良いでしょう。
独立してからは自分の腕次第で料理人として歩み始めるので、多くの経験があった方が有利に働きます。

将来はケータリング料理人を目指したい人ができること

ケータリング料理人を目指したいけれども今から何をすればいいのかわからない方や、まだ学生の方、主婦の方は、料理を学ぶことが必要で、場合によっては通信講座などで料理の基本を学ぶこともおすすめです。
ケータリング料理人は予算・人数・場所・内容によって常に和・洋・中・エスニック・スイーツ・軽食・弁当・パーティーメニューなどを考えて、お客様のニーズに合わせて対応することが求められます。

料理の基本と多くの経験やアイディアが必要になる仕事のため、料理の基本は早いうちから習得した方が良いでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ