即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > サービス接遇検定とは

サービス接遇検定とは


ランキングはこちら

何かのサービスを提供するようになると、言葉遣い、立ち振る舞い、顧客に対する対応の仕方などが重要です。

身に付けておくことで、多くの方から信用されるようになり、集客にも繋がっていくでしょう。

この部分は、業種問わず必要になってきますので、サービス接遇検定と呼ばれている検定試験が定期的に実施されています。

おもてなしの心が育まれるとも言われていますので、サービス業界を中心に検定試験を受ける方も増えてきています。

実用性の高い

検定試験によっては、仕事にすぐ活かせないこともあります。

取得したメリットを感じられず、仕事に対するモチベーションが低下してしまうことも。

しかし、サービス接遇検定は、実用性が高いため、仕事にすぐ活かすことができます。

言葉遣い、立ち振る舞い、顧客に対する対応の仕方などは、常に要求される部分なので、多彩なシーンでスキルを活用できるでしょう。

毎日、充実感を味わいながら、仕事をすることができるのではないでしょうか。

仕事以外でも活かせる

検定試験を受けるのは、仕事に活かせるのが目的でしょう。

活かせないのであれば、取得しても意味がないと思ってしまうものです。

しかし、サービス接遇検定に関しては、プライベートでも活かすことができます。

対人関係において、好感を持たれやすい言動、相手の気持ちを思いやる心など、コミニケーションを取るうえで必要です。

その部分が、サービス接遇検定の資格を取得するメリットでもあり、良好な人間関係を保ち続けることができるようになります。

短期間での取得ができる

検定試験によっては、一定の期間、学ばなければいけないこともあります。

資格を取得するのが、大変な場合も少なくありません。

しかし、サービス接遇検定は、短期間での取得ができます。

出題傾向、間違えやすいポイントなどを重視したカリキュラムで学べるので、吸収が早いです。

3級から準1級までの3階級に分かれているため、自分のレベルに合わせて受けられるのも、資格を取得しやすい部分と言えます。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ