即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > ショコラティエになるには

ショコラティエになるには


ランキングはこちら

ショコラティエとは、お菓子作りの職人であり、特に手作りチョコレートを専門に作る職人さんを指します。
ここではショコラティエとは何か?ショコラティエになるためにはどうすればよいのかをまとめてみましょう。

ショコラティエとは?

日本ではお菓子を作る職人は、和菓子職人と洋菓子職人という用に分かれています。
洋菓子職人の中でも特にチョコレート専門のお菓子を作っているのが、ショコラティエになります。
特にチョコレート文化が根強い、フランスやベルギーではショコラティエは古くからよく知られる職業ですが、日本ではようやく認知度が上がってきたところです。

ショコラティエは、チョコレートのプロフェッショナルであり、デリケートな食べ物であるチョコレートのうまみ、香りを最大限に引き立たせるチョコレート菓子を作ります。
ショコラティエの仕事は、その店同時のチョコレート製品を作り出すことです。

定番のチョコレート菓子を作るのはもちろんですが、季節や流行りに合わせたチョコレート商品の新作を作り出すことも重要な仕事の1つ。
味や風味、食感はもちろんですが、見た目の美しさも重要視されています。

ショコラティエになるためには?

ショコラティエになるためには、まずは製菓学校でお菓子作りに必要な知識を身につけなければなりません。
製菓衛生士、食品衛生責任者、菓子製造技能検定などの資格や検定を取得していれば、就職も有利になるでしょう。

店舗でお菓子を扱うプロフェッショナルとして働くので、製菓に関する基本的な知識は必要不可欠です。
製菓の専門学校では、食品科学や衛生学のほか、洋菓子、和菓子の基本からチョコレート作りのコツまで幅広く学べます。
製菓学校によっては、海外での留学、研修制度なども設けているでしょう。

ショコラティエを目指す生徒のために、チョコレート専門のゼミを開催してくれている学校もあるので、学校選びは重要になります。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ