即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > バリスタになるには

バリスタになるには


ランキングはこちら

バリスタとは、バールのカウンターに立って、お客さんからの注文を受けてエスプレッソなどのコーヒーを淹れる職業のことです。
ではバリスタになるためにはどうすればよいのでしょうか?
ここではバリスタについてまとめてみましょう。

バリスタとは?

バリスタと聞くと、かっこいい職業というイメージが強いでしょう。
特に若者から人気のある職業とも言えます。

バリスタとはイタリア語の「barista」が由来となっていて、一言でいうとコーヒーのスペシャリストです。
ワインで言うと、ソムリエのような立ち位置とでもいいましょうか。
バリスタはエスプレッソ、カプチーノなど様々なコーヒーを淹れるスキルがある職人であり、コーヒーに関する知識もずば抜けています。

世界的にみると、ワールドバリスタチャンピオンシップと呼ばれる世界大会も毎年開催されており、日本代表のバリスタも好成績を残しています。
日本でバリスタという職業が広く知られるようになったのは、北米発のコーヒーチェーン店「スターバックスコーヒー」などが全国展開されてからになります。

日本に昔からある喫茶店やコーヒーショップとは違う、スタイリッシュな店舗が日本国内で増えたことによって、よりバリスタという仕事に興味を持つ人が増えたんです。

バリスタになるためには?

バリスタになるためには、専門学校で学ぶ、資格を取得する、店舗で学ぶなどの方法が一般的です。
バリスタの資格というのは、日本バリスタ協会が発行しているライセンスのこと。

このライセンスは3段階のレベル別になっており、バリスタレベル1を取得するためには、認定校のカリキュラムを受講した人が、2日間の座学と実技を通して、ライセンスを取得します。
店舗で学ぶ場合、企業によっては充実した研修システムが用意されている場合もあり、コーヒー豆の知識や抽出技術を身に着けることができます。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ