即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > フレンチシェフになるには

フレンチシェフになるには


ランキングはこちら

フレンチシェフになるには

「シェフ」はコックさんをまとめるのが仕事ですから、まずは一人前のコックを目指すことからはじめましょう。
実際にフランスレストランの現場に入ったからといって最初から料理などできません。
人前に出ても恥ずかしくないようなコックになるには時間がかかります。
日本料理でも洋食でも同じ。
下積みが必要になり、個人差もありますが10年程度はかかるのが一般的です。

下積みから始まり、掃除や食材の手配をすることからはじめましょう。
料理の下ごしらえや皿洗いや後片付けなどの料理の周辺の仕事ことから行うのが一般的です。

その下積みの修業はは現場に早く慣れるためで誰でもが通る道です。
フランスレストランの仕事の流れを覚えるには不可避。
調理をするうえで必要な段取りや整理整頓、衛生面の管理などを習慣づけるトレーニングです。

こういったフランス料理の基本となる仕事を先輩シェフが厨房に入る前や帰った後にするのです。
早朝から深夜まで拘束される時間が長くなります。
このことは、シェフになるには避けては通れない道ですから覚悟しましょう。

フレンチシェフになるには理師の専門学校や養成学校へ行く方法もあります。

社会人や異業種からの転職の際にも有効な手段です。
調理師専門学校などでは、各料理や製菓の基礎知識を満遍なく習得できるコースもあります。
入学当初から分野を絞り複数年かけて学ぶ方法なども探せばあります。
学校によって体系が異なりますので、比較しながら選ぶことをおすすめします。

講師には現場で活躍する一流のシェフや関連学問の有識者など多彩な顔ぶれが在籍していいます。
「このフレンチシェフの講義を受けたい」といった気持ちがあれば学校を選ぶポイントにしてもよいのではないでしょうか?

料理の世界は勉学よりも体力、忍耐力、技術を習得する姿勢、経験の積み重ねが大切になりますから、もしシェフになりたいと決めたら、思い切って求人募集しているフレンチレストランへ飛び込みで働くのも有効ではないでしょうか?

専門学校で調理師の基本を学んでから店に入るケースもあります。
最終的には店でどれだけの年数で経験を積み、いかに早く仕事を覚えるかがシェフになる近道でしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ