即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > フードコーディネーターになるには

フードコーディネーターになるには


ランキングはこちら

フードコーディネーターになるには?

フードコーディネーターになるには、明確には専門知識を必要とするような資格試験は存在せず、調理系の専門学校に行くなどして専門知識を身に着けて、まずはフードコーディネーターのアシスタントとして働くことが多いと言われています。

初めから一人で働くことは難しく、フリーランスになることは難しいので、先輩のアシスタントや企業のアシスタントとして働くことが多いです。

フードコーディネーターという職業は食のスペシャリストというニュアンスが強く、飲食店のメニューを考えたり、コンサルティングを行うことが多い仕事です。
そのため調理系の一通りの技術や技法、盛り付けのセンスや盛り付ける器のセンスや知識があると、より一層仕事の幅が広がります。

フードコーディネーターとして企業に勤める方も多くいますが、同じくらいフリーランスとして働く方もいます。
どちらの場合も得意分野を活かして働けるので、厳しい道のりですが楽しみながら働けることが多いです。

フードコーディネーターのお給料と将来について

フードコーディネーターとして働く場合、どれくらいの給料になるのでしょうか。
フリーランスの場合で考えるとある程度の経験を積んだ方なら最低でも年収300万円以上、もっと名が売れると年収1000万円にもなると考えられます。

企業に勤めた場合はその企業の規定による給料となり、一概にいくらとは言いにくくなります。
しかし年収300万円程度ということはなく、それ以上になる可能性が高いと言われています。

フードコーディネーターは将来的に安定などが見込めるかどうかで言えば、料理をコーディネートする以外に、店舗のプロデュースなども行えば、時代にマッチした形で続けることが可能で、場合によっては売れっ子になることもあります。
年々フードコーディネーターに期待される内容は増えており、さまざまな分野のスキルを磨いていけば、この先も需要が高まる可能性があります。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ