即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > フードスペシャリストの資格

フードスペシャリストの資格


ランキングはこちら

フードスペシャリスは一言でいうと、食の専門家です。
ここでは、フードスペシャリストについてと、フードスペシャリストになるためにはどうすればよいのか?についてまとめてみましょう。

フードスペシャリストとは?

フードスペシャリストとは、食の本質がおいしさ、楽しさ、おもてなしにあることをしっかり学んでおり、食に関する幅広い知識を持っています。
食品の開発製造、流通、販売、外食などの食品作業や、食関係の幅広い分野で活躍できる資格です。

食関係の資格はたくさんありますが、その中でもフードスペシャリストはしっかりとした資格であり、大学や短大のフードスペシャリスト協会の認定した学科で、食について2~4年間学ぶことで得られます。

フードスペシャリストになるためには?

フードスペシャリストになりたい!フードスペシャリストの資格を取得したいという時には、協会の正会員である143の大学、短期大学の「フードスペシャリスト養成機関」として認定された特定の学科を卒業しなければなりません。

フードスペシャリストはすぐにとれる資格ではなく、養成機関でしっかりと学び、食に関する幅広い知識、技術を身に着ける必要があるのです。
養成機関には、栄養学科、食生活学科、家政学科などがありますが、必修科目は決まっています。

必修科目を履修すると、資格認定試験の受験資格がもらえるのです。
フードスペシャリストになるための最大の関門とも言われている資格認定試験では、必修科目の内容をきちんと理解しているかをチェックされます。

フードスペシャリストには、フードスペシャリスト資格、専門フードスペシャリスト(食品開発)資格、専門フードスペシャリスト(食品流通、サービス)資格の3つがあります。
専門フードスペシャリスト資格は、フードスペシャリスト資格を取得した人、取得見込みの方がチャレンジする専門性、実用性を高めた資格になります。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ