即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 初心者向けに最適な包丁の材質は?

初心者向けに最適な包丁の材質は?


ランキングはこちら

包丁は調理をする際、欠かせない調理器具の一つ。

さまざまなメーカーが出していますので、選ぶのに迷ってしまう方も少なくないでしょう。

経験豊富な調理師なら、どの包丁も使いこなせるスキルがありますが、初心者となると難しいです。

そのため、慎重に選ばなければいけないでしょう。

ポイントとしては材質にこだわるのがおすすめ。

鋼、セラミック、ステンレスが主な材質ですが、扱いやすいのはどれなのか見ていきましょう。

鋼は怪我のリスクが高い?

鋼の包丁は、抜群の切れ味としなやかさが特徴です。

食材の切りやすさという点ではトップクラスでしょう。

経験豊富な調理師には使いやすいですが、初心者となると難しい部分があるかもしれません。

切れ味が良いため、食材を切っている際、勢い余って手を傷つけてしまうなんてことも。

安全性で不安があり、初心者にとっては扱いにくいかもしれませんね。

経験を積んでから使うようにするのがいいのではないでしょうか。

メンテナンスが手軽なセラミック

セラミックの包丁は、耐熱性や耐摩耗性に優れているのが特徴です。

切れ味の持続力が高いため、包丁を日々研ぐという作業が緩和されます。

効率という点ではいいかもしれません。

しかし、初心者はある程度の経験を積むことも必要。

包丁を日々研ぐ作業も経験しておくことが大切です。

扱いやすい材質ではありますが、経験という観点からすると、初心者が最初に使う包丁としては向いていないかもしれませんね。

家庭用として最適なステンレス

ステンレスの包丁は、切れ味という点で、鋼やセラミックに劣ってしまいます。

ですが、初心者にとっては悪いというわけではありません。

勢い余って手を傷つけることも少なくなりますからね。

また、錆びにくさが特徴ですので、不自由なく使えるメリットもあります。

家庭用に最適な作りになっており、初心者が扱いやすいです。

まずは、ステンレスの包丁から使ってみるといいでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ