即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 和食料理人になるには

和食料理人になるには


ランキングはこちら

和食料理人になるには

「和食料理人」の職業には大きな特徴があります。
それは、一人前になるまでに長い修業期間があることでしょう。

和食料理人は厳しい修行をしてから一人前になれます。

料理士学校で勉強したり、調理師免許を取ればいいのではないです。
資格があれば、誰でも一人前の和食料理人というわけにはいかない厳しい世界がそこにはあります。

日本料理人には「位」があるのです。
そのトップの立場の人を「板前」と呼ぶことになっています。

和食料理人を目指す人は、まずは下働きからスタートをすることになります。
洗い物や調理器具の用意、店の掃除などの「追い回し」です。
下働きの「追い回し」ができるようになったら、その後「焼き方」「煮方」…と進みます。
次第に、位が上がっていくイメージです。

和食料理人の名前の違い

カウンターに立てるまでの技術を得た人は「立板」と呼ばれます。
和食料理人を仕切るトップの存在が「花板」なのです。

店によって位の呼び方は異なる場合もあります。

新人時代は下働きをしながら、日々先輩の技を横目で見ながら盗みます。

自主的に練習を重ねながら、自分の技術を少しずつ高めていかなければならないのが和食料理人です。
この世界は師弟関係が根強く残っている特徴もあり、礼儀作法も重視されます。

一通りの修業を終えるまでには最低2〜3年、長ければ10年以上かかります。
中途半端な気持ちでは続かない仕事になるのではないでしょうか?

和食料理人として一人前になってもこの世界にゴールはないですし、生涯を通して日本料理の道を極めていく気概が求められます。

板前と呼ばれる和食料理人は、料亭や割烹、日本料理店などで、懐石料理などの日本料理を作るプロです。

「だし」の取り方や調味料の使い方、包丁の扱い方など調理技術が求められるばかりではないのです。
その料理を美味しくするための、素材の知識や器の選び方、衛生管理まで、広範な知識が幅広く求められる仕事と言えるでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ