即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 口コミ・評判 > 国際フード製菓専門学校

国際フード製菓専門学校


ランキングはこちら

国際フード製菓専門学校はスイーツの町である横浜でプロのパティシエを目指せる学校です。
ここでは国際フード製菓専門学校について紹介しましょう。

国際フード製菓専門学校とは?

国際フード製菓専門学校は製菓を中心に学べるコースが充実しています。
製菓製パン科は2年制と1年制があり、2年制では洋菓子専攻コース、和菓子専攻コース、パン専攻コースに分かれているので自分が学びたいものをチョイスできます。

また調理師科1年制や通信課程製菓製パン科などもあります。
2019年3月の就職率は94.4%と圧倒的に高く、安定しているのも魅力です。
また取得できる資格もそれぞれ学科ことに異なります。

例えば製菓製パン科コース2年生では、製菓衛生師受験資格、専門士、フードコーディネーター3級、食品衛生責任者の資格取得が可能です。
また調理師科1年制コースでは、調理師免許を卒業時に無試験で取得することができますし、食品衛生責任者、フードコーディネーター3級の資格も取得できます。

国際フード製菓専門学校の特徴とは?

国際フード製菓専門学校には在校生が運営するカフェがあり、そのカフェで仕入れから接客、経営まですべてを在学中に経験して学ぶことができます。
菓子製パン技術は望夫論ですが、店の運営などについての勉強もできるので魅力的です。

国際フード製菓専門学校では徹底的に現場にこだわり、時代に対応できるパティシエ、ブーランジェを育成していきます。
また、国際フード製菓専門学校ではプロの技を身に着ける習熟度制・個別指導に対応可能です。

できるところまでとことん個別指導してくれるのでコンクールで文部科学大臣賞を受賞する生徒もいます。
技術はもちろんのこと、売れるための力、つまりプロデュース力を学ぶこともできます。
校舎は地上8階建てで、最新の設備・機器を取り揃えているので、やる気もでますよ。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ