即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 夜間の調理師専門学校のメリットデメリット

夜間の調理師専門学校のメリットデメリット


ランキングはこちら

夢を諦めないためにある夜間の調理師専門学校

将来、みなさんが調理師を目指しているなら、調理師専門学校へ通うことが「最短&ベスト」な選択だと説明してきました。

しかし家庭の事情によって、昼間通うことができない人もいると思います。

だからといって、調理師になる夢を諦める必要はありません。

なぜなら、夜間に授業を行う調理師専門学校もあるからです。

もちろん夜間の調理師専門学校でも、昼間と同じように勉強して卒業と同時に調理師免許を取得することができます

このように夜間の調理師専門学校もあるわけですが、この項では夜間の調理師専門学校の「メリット/デメリット」について考えてみたいと思います。

夜間の調理師専門学校のメリット&デメリット

夜間の調理師専門学校のメリット

まず無理のないカリキュラムが組まれているため、昼間の仕事を辞めることなく勉強することができます。

ここでカリキュラムについて説明します。

夜間の調理師専門学校の場合、ほとんどが1日2コマのカリキュラムが組まれています。

例えば18:30スタートとして、1コマのカリキュラムが90分(2コマで3時間)。

休み時間を含めても終了時間が21:30~21:45位になります。

つまり蛭間に仕事をしながらでも夜間の調理師専門学校で、集中して調理に関する知識や技術を習得することができるのです。

夜間の調理師専門学校のデメリット

ではデメリットとして、どういうことが考えられるのでしょうか。

例えば昼間は1年間通うことで調理師免許を取得することができますが、夜間の調理師専門学校では1年半通わなければなりません。
(1日のカリキュラムが限られているので、仕方ないことですが。)

それと(個人差がありますが)、肉体的にも精神的にもタフでなければならないことではないでしょうか。

というのも、昼は仕事、夜は学校と1日フル稼働しなければいけないからです。

メリット&デメリットもない強い意志

このように、夜間の調理師専門学校のメリットとデメリットについて触れてみました。

メリット&デメリットはあると思いますが、それは個人の考え方によって大きく変わってきます。

そして大事なことは、夜間の調理師専門学校へ通ってでも調理師免許を取得したいと思う強い意志だと思います。


無題ドキュメント

ランキング

織田調理師専門学校

人気の理由
  • ・JR中野駅前という便利なロケーション
  • ・実習室が快適にリニューアル
  • ・万全の支援態勢

就職率100%

資料請求は公式サイトから

学科 年間学費
調理技術経営学科 ¥1,378,000
調理製菓製パン科 ¥1,378,000
調理師科 ¥1,348,000
調理師科 夜間部 ¥1,031,000

アクセス

名 称 織田調理師専門学校
所在地

〒164-0001
東京都中野区中野5-30-6

最寄駅

各線中野駅

TEL 03-3228-2111
FAX 03-3387-3496
公式サイト http://cook.oda.ac.jp/

資料請求は公式サイトから

東京調理製菓専門学校

人気の理由
  • ・海外研修プログラムがある
  • ・レストラン経営実習がある
  • ・創立77年の伝統

就職率100%

学科 年間学費
高度調理技術科(2年) ¥1,295,000
調理技術科(1年) ¥1,530,000
パティシエ・ブーランジェ科(1年) ¥1,550,000
調理総合科 夜間(1.5年) ¥1,230,000

新宿調理師専門学校

人気の理由
  • ・新宿駅から近い
  • ・和・洋・中専用のデモルームと実習室
  • ・少人数制の徹底指導

就職率100%

学科 年間学費
調理師専修科(2年) ¥1,320,000
調理師本科(1年) ¥1,320,000
調理師本科(夜間) ¥1,130,000

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

比較ランキングはこちら
比較ランキングはこちら