即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 調理師免許について > 家庭料理技能検定 (料検)

家庭料理技能検定 (料検)


ランキングはこちら

女性を中心に人気の家庭料理技能検定。5級、4級、3級、2級、準1級、1級がありますので自分のレベルに合わせて選ぶことができます。

5級は小学生程度、4級は中学生程度、3級は高校生程度、2級は食物系の大学生や専門学生程度、準1級や1級は食物系大学卒業程度がレベルの目安。

5級と4級は筆記試験のみで3級からは実技試験も加わります。

実際に家庭料理技能検定を取得するとどのようなメリットがあるのか紹介していきますので参考にしてみて下さい。

小学生や中学生のメリット

小学生や中学生は成長期の時期ですのでたくさん食べるのが基本です。

しかし食べ過ぎてしまうと肥満の原因になりますので小学生や中学生でも注意しなければいけません。

家庭料理技能検定を取得することで食に関する興味が出てきますので食べ過ぎに注意しようと考えるようになります。

健康に体を成長させることにも繋がっていきますので大人になったときにも必ず活かすことができるでしょう。

高校生や大学生のメリット

高校生程度のレベルの3級からは筆記試験だけでなく実技試験がありますので準備しなければいけません。

実際に実技試験の練習はしますので料理技能が身に付いてきます。

高校生や大学生の頃は料理をすることはほとんどありませんし食事も外食で済ませてしまうのではないでしょうか。

高校生や大学生が家庭料理技能検定を取得することで料理をする習慣が付いてきます。

そのため結婚した後のことを考えるとすごく役立つのです。

花嫁修業代わりになると言っても過言ではないでしょう。

社会人のメリット

社会人になると準1級や1級の上級者コースを選んで検定を受ける人も多いでしょう。

実技試験の難易度が高まりますので料理技能が大幅に向上する効果が期待できます。

料理人の近い技術を身に付けられることも多いので料理の指導者になる人もいます。

料理教室を開講して多くの人を教えることができますので新しいビジネスチャンスと捉えることもできるのではないでしょうか。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ