即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 料理と調理の違い

料理と調理の違い


ランキングはこちら

日常生活の中で、毎日必要な食事。自分でご飯を作られている方も多いことでしょう。

料理と調理の2種類の呼び方がありますが、どちらも同じだと思ってしまっているのではないでしょうか。

確かに、同じ部分もあるでしょう。

しかし、違いもあるので、同じだと解釈するのは良くありません。

ここでは、料理と調理の違いについて解説していきます。

ご飯を作るときなどに役立ててもらえれば幸いです。

ご飯を作った人で呼び方が違う?

料理とは、一般の方が食べられる状態にするまでの作業のことを言います。

調理師の資格を持っていない方でも、自宅でご飯を作ることが多いでしょう。

この場合は、料理をすると言われるのが一般的です。

調理とは、調理人が食べられる状態にするまでの作業のことを言います。

調理師の資格を持っているレベルのご飯を作ることで、主に飲食店の調理場などで言われることが多いです。

ご飯を作った人で料理か調理か変わってきます。

料理の方が大きい概念

調理は、切る、煮る、炒める、焼く、蒸すなど、ご飯を作るときの作業の一部分で言われるのが一般的。

料理は、これらの作業に準備や盛り付けを含めて言われます。

本格的という点では調理、幅広さという点では料理という感じてはないでしょうか。

そのため、調理人が作る場合は調理、一般の方が作る場合は料理と言われることにも繋がっています。

料理の方が、大きい概念と認識しておくといいでしょう。

ご飯の種類で分別される場合も

和食、洋食、中華など、さまざまなメニューがありますが、料理と調理のどちらで呼ばれているか変わってくることも。

料理は、日本的な呼ばれ方のイメージがあるため、和食で用いられることが多いです。

調理は、外国的な呼ばれ方のイメージなので、洋食や中華で用いられる傾向があります。

特に決められているわけではありませんが、このような傾向があるので、知識として頭に入れておくといいでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ