即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 料理教室の先生になるには

料理教室の先生になるには


ランキングはこちら

料理教室の先生になるには

料理教室の先生になるには一般的には高校卒業後、調理や栄養学が学べる専門学校や大学・短大に進学し、料理教室の先生として採用されることが最短です。
イメージから考えても料理教室の先生は、調理法について非常に多くの知識を持っており、それを根拠に基づいて説明しながら見た目も良く仕上げていきます。

そのためにはやはり調理法については必ずすべてのものを習得しておく必要があり、調理師ととしての国家資格は取得しておいた方が良いです。
また料理教室で良くある光景として、どんな栄養素がどうなるからこうした方がいいといったような理屈もつけられるようになると説得力がアップします。

説得力があり頼れるまたは参考にできる料理教室の先生を目指すなら、栄養士の資格も必須となります。
さらにもっと上級の料理教室の先生を目指すなら、食空間コーディネーターの資格も保持しておくと就職においてはかなり強みになります。

独自の視点からカラーも意識できるように、カラーについても学んでおくと良く、海外への旅行を兼ねて短期留学などもしておくとより一層の実力をつけられます。

各種資格はあった方がいい

料理教室の先生は自宅で小規模で教室を行う場合はさほど資格取得の有無は関係なくても、専門学校で講師として活躍するときや、その他で講演会を行うようなときは栄養士・調理師の資格は習得しておかなければならないものです。

いずれの場合も食に関するアドバイスや、根拠ある利用法を伝授する立場なので、それを裏付けるような資格や経験はいくらでもあった方が有利に働きます。
同時に多くの知識も備わるので積極的に取得しておきましょう。

またそれ以外にも多くの料理教室を経験したり、多くの先生のもとで修業することも必要なことです。
場合によっては海外の料理も学んでおけば、独自の調理法や食材の専門知識も得られることとなり、短期でも留学してみることがおすすめです。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ