即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 調理師の志望動機

調理師の志望動機


ランキングはこちら

調理師は、調理に関する業務に携わっている方の職業です。

専門学校などで、調理、栄養、衛生などの知識を学び、資格試験に合格すると調理師として働くことができます。

日常生活の中でも、調理をすることができるようになるため、目指されている方も多いのではないでしょうか。

実際に、働くとなると志望動機を考えることでしょう。

ここでは、志望動機について解説していきますので、調理師をして働くことを検討されている方は、参考にしてみてください。

自分本位にならないようにする

調理師の志望動機で、自分本位な内容になるのはNGです。

食べ歩きが趣味なので、味の見分け方に関して、絶対の自信があることをアピール。

調理スキルを身に付けやすいことに繋げる方がいます。

このようだと、多くの方に料理を食べてもらいたいという気持ちがまったく感じられません。

自己中心的と思われてしまい、調理の現場で適正な場所もないと判断されてしまいます。

志望動機は、自分本位にならないようにすることが大切です。

選んだ場所で働きたい理由を明確にする

調理師は、料亭、ホテルのレストラン、ファミリーレストラン、企業の食堂など、調理をする場であれば働くことができます。

しかし、場所によって働き方が異なる部分も出てくるもの。

相性が合わないこともあるので、注意しなければいけません。

志望動機を伝えるときは、なぜその場所を選んだのかをしっかり伝えることが大切です。

熱意があると感じてもらえるので、採用されやすくなります。

ただし、長々伝えてしまうと分かりにくくなるため、簡潔にまとめましょう。

企業側の意図を読み取る

調理師として採用を募集している企業は、どのような人材を求めているのかPRを出していることが多いです。

自分の長所をアピールしても、求めている人材とかけ離れてしまうと、採用されにくくなってしまいます。

そのため、企業側の意図を読み取り、志望動機に組み込むことが大切です。

調理の現場で適正な場所を見つけやすくなり、採用しやすいと感じてもらえるようになります。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ