即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 調理師免許について > 調理師免許の申請で持参する書類は?

調理師免許の申請で持参する書類は?


ランキングはこちら

調理師養成施設を卒業、2年以上の調理業務を重ね、調理師試験に合格の2種類の方法で取得できる調理師免許。

飲食業界で働くときは、必須になることも多く、採用に有利になることは間違いありません。

しかし、取得する際に保健所に申請する必要があります。

免許が届くまで1ヶ月以上かかることも。早めの申請が重要になりますが、必要な書類を持参しなければいけません。

いくつか挙げていきますので、しっかり確認しておきましょう。

調理師免許の取得証明書

調理師免許を申請する際、取得したことを証明しなければいけません。

そのため、取得証明書は必須です。

取得方法が、調理師養成施設を卒業、2年以上の調理業務を重ね、調理師試験に合格の2種類ありますので、取得証明書も2種類。

調理師養成施設の卒業証明書か卒業証書の写し、理師試験合格証書か合格通知書が該当書類になります。

取得方法により、どちらを持参するのか変わってきますので、忘れないように準備しておきましょう。

本籍表示がある書類

調理師免許を申請する際、本籍を確認することになります。

日本国籍の方は、住民票の写しを持参すれば問題ありません。

しかし、外国国籍の方は、在留資格などが影響してくる可能性があります。

国籍等表示のある住民票の写しを持参しなければいけません。

また、住民票は、6か月以内に発行されたもの、マイナバーが省略されているものという条件があります。

該当していない場合、申請することができなくなりますので、注意するようにしましょう。

医師の診断書

調理の業務を担当する場合、安全面が重視されます。

そのため、覚せい剤の中毒者ではないかどうかの確認が必要になりますので、医師の診断書を持参しなければいけません。

調理師免許を取得される方は、心配ないと思いますが。

医師の診断書は3ヶ月以内に発行されたものという条件がありますので、その辺りも注意しながら持参するようにしましょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ