即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 調理師免許について > 調理師免許取得者の需要

調理師免許取得者の需要


ランキングはこちら

調理師免許取得者の需要と就職状況

調理師免許を取得すれば、就職も有利に働くといわれています。

しかし本当に調理師免許を取得した場合、実際の需要はどのような傾向になっているのでしょうか。

この項では、調理師免許取得者の需要に付いてさまざまな視点から考えてみたいと思います。

まず、調理師免許取得者の需要状況についてです。

いつの時代でも、飲食業界(外食産業)の需要は盛んです。

企業側は「調理師免許取得者=即戦力」としてみなしているため、求人は絶えません。

ただしホテルや有名レストランなどに関しては、需要があったとしても難関であるため、それ相応の実力が必要です。免許を持っているだけでは弱いのです。

次に、実際の就職状況についてです。

調理師専門学校を卒業した人の就職率は約90%だといわれています。

この就職率は、非常に高いといえるのではないでしょうか。

そして就職先ですが、「調理師専門学校からの紹介」「求人情報」「アルバイト先への就職」などがあります。

調理師免許取得者の転職

ここで、調理師免許取得者の転職についても触れておこうと思います。

どの職種にもいえることですが、次の就職先をどうやって見つけるかが重要なポイントになります。

調理師免許取得者の場合、履歴書に「調理師免許取得」と記載することができるため、強力なアピールポイントになります。

そして調理師免許取得者は経験がモノをいうため、人脈を辿って就職先を見つける傾向が強いといえます。

もちろん人脈を辿るわけですから、一般の人より早く転職先も見つかります。

忍耐力

調理師免許取得者の中には、「いつでも次の転職先を見つけることができる」と思っている人もいるようです。

しかし、それは「忍耐力がない」という意味にもなります。

いつでも転職できると思うのではなく、「1つの職場に腰を据える覚悟で働く」ことが自分自身の成長にも繋がるのではないでしょうか。
ただし、就業環境がブラックである場合や事情があっての転職は必要なことであるといえます。

是非とも、自分に合った職場を見つけて頑張って頂きたいと思います。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ