即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 調理師専門学校の入学試験の内容

調理師専門学校の入学試験の内容


ランキングはこちら

調理師専門学校の入試について

前項では、「調理師になるためには、調理師専門学校へ行き調理師免許を取得する」ことの重要性について説明しました。

この項では、「調理師専門学校の入学試験の内容」について触れてみたいと思います。

よく質問される1つに、「調理師専門学校にも偏差値が必要なの?」があります。

調理師専門学校は、他の専門学校と同じように「一般入試/それ以外の入試方法」があります。

ただ、その多くの専門学校では筆記試験は行わず、書類選考と面接によって合否が決まります。
まれに筆記試験を行う場合も、その内容は「高校卒業程度の基礎学力をメインとした一般教養科目」が中心になります。

そして肝心の偏差値についてですが、全く気にする必要はありません。

何故なら、調理の技術と学力は直接的には無関係だからです。

高校の時の成績が良くなくても、調理技術を磨けば料理人としては成功できるからです。

とはいえ、国家資格を取得するためには、実習だけではなく多くの座学も必須ですので、基本的な学習姿勢は必要です。

面接試験を実施する調理師専門学校も

入学選考の上では、面接試験を重要視している調理師専門学校が多いのも事実です。

というのも志望動機はもちろんのこと、人柄やこれまでの活動実績を重要視して判断する傾向があるからです。

これは、「デスクワークが優れているより、調理現場で友だちと良好なコミュニケーションが取れる」人物像の方が良いことを意味しています。

願書受付について

ここで、調理師専門学校を受けるために必要な書類を明記しておきます。

当然のことですが、ちゃんとした受付願書がなければ入学試験を受けることもできません。

一般的には

・学校所定の入学願書
・高校(または大学などの最終所属校)の卒業証明書と成績証明書

が必要で、更に推薦入学を希望する人は所定様式での推薦書などが必要です。

なお専門学校の願書受付は全国一律で推薦は10月1日から、一般は11月1日から始まります。

受験料について

多くの専門学校では、1万円~3万円程度の受験料(選考料)が必要です。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ