即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 調理師専門学校の学生は、どのようなバイトをしている?

調理師専門学校の学生は、どのようなバイトをしている?


ランキングはこちら

調理師専門学校では、資格所得に向けて集中しなければいけないというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

確かに、しっかり学ばなければいけない部分はありますが、生活にゆとりがないわけではありません。

時間を有効活用しながら、バイトすることもできます。

学費や生活資金を稼がなければいけないケースもあるでしょう。

ここでは、調理師専門学校の学生のバイト事情を紹介していきますので、参考にしてみてください。

ファストフードはオワコン?

調理師専門学校に学生がバイトする場合、将来のことを見据えて飲食店ですることが多いです。

今まではファストフードが主流でしたが、その傾向がなくなりつつあります。

ファストフードは機械を使って調理されることも多く、学生の立場になるとあまり将来性がないと感じるよう。

どちらかというと、専門の洋食店や中華料理店などでアルバイトをする方が多く、ファストフードの時代は終わりそうな予感です。

スイーツ店で調理経験を積む学生も

ファストフードでバイトする方は減ってきている一方、スイーツ店は増えてきています。

クレープなどは、手作りで調理していますので、調理経験を積むのに最適。パティシエを目指している方は、大きなメリットになるのでしょう。

また、スイーツ店は若い世代から人気があり、今後も需要が高まっていくことが予想されます。

将来性を考えると、スイーツ店でアルバイトをするのは、良い選択肢と言えるのではないでしょうか。

ウーバーイーツが人気急上昇

東京や大阪などの都心部で、大きなバッグを背負って自転車を漕いでいる方が多いですよね。

この方たちは、個人で料理の配達をしているウーバーイーツ。

個人事業主という形になりますが、調理師専門学校の学生もバイト代わりにされている方が多いです。

料理の配達なので、調理には関係ないと思われがちでしょう。

しかし、さまざまなレストランに料理を取りに行きますので、営業形態などを見ることができます。

調理場のみで営業しているケースもありますので、独立したときの参考になるでしょう。

また、ウーバーイーツは好きな時間に働けますので、勉強との両立にも最適です。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ