即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 調理師専門学校の就職活動

調理師専門学校の就職活動


ランキングはこちら

調理師専門学校の就職活動について

この項では、調理師専門学校の就職活動について考えてみたいと思います。

念願の調理師専門学校に入学した生徒たちは、将来的には調理師として仕事をしたいと思っている方がほとんどではないでしょうか。

まず言えることは就職活動をするうえで、調理師免許を取得していることは当たり前の大前提です。

調理師免許を取得していることは調理に関する基本的な技術や技能、そして食品全般に関する(安全性などの)知識を持っていることの証明に過ぎず、就活成功のカギはその先にあります。

学校主催の就職セミナーやOB・OG講話、ガイダンスなどに積極的に参加して地道な就活に取り組むのはもちろんのこと、模擬面接や自己分析などを繰り返し、自己PR力を高めることが大切です。

そして、多くの調理師専門学校ではこのような就活サポートに力を入れています。

その結果、調理師専門学校を卒業した生徒たちの平均就職率は90%前後あり、さらに実力のある生徒たちを輩出している調理師専門学校であれば就職率100%も珍しくありません。
つまり、最終的には真面目に就活に取り組むことが成功への近道だということです。

職種も豊富

では調理師専門学校を卒業した生徒たちは、一体どのようなところに就職をしているのでしょうか。

外食業界を中心に引く手あまたの調理師専門学校を卒業した生徒たちは、さまざまな職種に就職しています。

西洋料理店/日本料理店/中華料理店/ホテル/旅館/菓子パン屋/病院/福祉施設/学校/結婚式場」等々。

料理店以外にも、さまざまな業種の調理場で活躍することができるのです。

再就職で大切なのは

このように調理師専門学校を卒業する生徒たちは、自分の方向性さえ間違わなければ良い就職先を見つけることができます。

仮に「自分の就職先はここではない。」と思い、再就職をすることもあると思います。

そうした再就職をする上では、一番大切なのは実力です。
仮に転職するにしても、今の職場で必ず何かを得てやろうという意欲が必要です。

資格が料理を作るのではありません。腕が作るのです。
常にスキルアップを追及する姿勢が成功へのカギなのです。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ