即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 調理師専門学校の推薦入試で押さえたいポイントは?

調理師専門学校の推薦入試で押さえたいポイントは?


ランキングはこちら

調理師専門学校に入学する方法は、一般入試を受けるのが一般的です。

第一の選択肢として検討される方も多いでしょう。

ただ、それ以外の方法で入学することができるのも調理師専門学校の特徴の一つ。

代表的なのは、推薦入試ではないでしょうか。

一般入試とはさまざまな部分で異なりますが、利用される方も増えてきています。

ここでは、調理師専門学校の推薦入試について解説していきますので、参考にしてみてください。

選考方法は?

一般入試は、学力と面接が問われますので、一定の準備が必要になるでしょう。

しかし、推薦入試は面接のみとなっていることが多く、学力を問われることは少ないです。

面接が入学できるかどうかを左右する重要な選考になるでしょう。

専門学校によっては、面接ではなく、作文を取り入れていることもあります。

その場合、違った準備が必要となりますので、選考方法を確認してから準備することが大切です。

一度の失敗は大丈夫?

推薦入試では、面接が選考方法になっていることが多く、緊張してしまうこともあるでしょう。

面接が上手くいかず、失敗してしまうこともあるもの。

プレッシャーがかかりますよね。

しかし、一度の失敗は大丈夫です。

推薦入試の場合、第1次募集と第2次募集がありますので、どちらかで合格すれば入学することができます。

その点を頭に入れておけば、過度に緊張することなく、面接に臨めるのではないでしょうか。

前向きで頑張る姿勢が大切

推薦入試の面接では、人間性がしっかりしていれば合格しやすいと言われています。

確かに一理ありますが、より合格に近づくには前向きで頑張る姿勢を見せることが大切でしょう。

調理師専門学校では、調理師に関する基礎知識だけでなく、実践なども取り入れながら勉強することになります。

難しいこともあり、乗り越えられるメンタルが必要です。

そのため、あまりやる気が感じられない場合、不合格になる可能性もあり、注意しなければいけないでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ