即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 調理師専門学校の文化祭の特徴は?

調理師専門学校の文化祭の特徴は?


ランキングはこちら

調理師専門学校は、資格取得に向けて勉強するための施設ですので、大学よりスパルタなイメージがありますよね。

学生生活を楽しむことはできないと思われがちですが、実際はそうでもありません。

勉強以外でもイベントが用意されていますので、充実した学生生活を送っている方も多いです。

その一つの要因が文化祭ではないでしょうか。

調理師専門学校の文化祭は、どのような特徴があるのか紹介していきましょう。

最大のイベントになっていることが多い?

中学校や高校では、さまざまなイベントがありますので、文化祭が目立たないことが多いです。

大学では、大規模に文化祭を実施していますので、最大のイベントになっているケースもあります。

調理師専門学校の文化祭は、大学のような規模で行われるため、規模は大きいです。

最大のイベントと位置付けていることも多く、学生も楽しみにしているのではないでしょうか。

勉強の息抜きとしていいかもしれませんね。

レストラン街のような雰囲気?

文化祭と聞くと、さまざまなお店が出るようなイメージがありますよね。

大学だとお祭りで見かける屋台が多い傾向がありますが、調理師専門学校は一味違います。

食を専門としていますので、和風、洋風、中華などのお店がメインで出し、カフェやスイーツなどのお店も。

雰囲気はまるでレストラン街のようで、幅広い年代が楽しめる文化祭です。

さすが、調理師専門学校の文化祭といった感じではないでしょうか。

料理講習会を実施

調理師専門学校の文化祭には、卒業生もお越しになります。

国内や海外で活躍している調理師も多いため、料理講習会を実施することができる環境です。

現在、調理師の資格取得に向けて勉強している学生にとっても貴重な体験になるのではないでしょうか。

また、これから入学される方へのアピールになりますので、宣伝効果も期待できますね。

調理師専門学校の文化祭ならではのイベントと言えるでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ