即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 調理師専門学校は何をするところ

調理師専門学校は何をするところ


ランキングはこちら

調理人になるために

調理師を目指す人にとって、真っ先に考えることは何だと思いますか?

それは「どうすれば調理師になることができるのか!(手段/方法)」ではないでしょうか。

そして真っ先に思い浮かぶことといえば、やはり「調理師専門学校」だと思います。

調理師専門学校に行けば、調理師になって自分の夢を追いかけることができる。

ということでこの項では、調理師専門学校の「how to」について触れてみたいと思います。

調理師専門学校でできること

調理師専門学校は調理師を養成するための学校で、しかもそれは厚生労働大臣に指定されていなければいけません。

また、調理師専門学校には1年制と2年制があります

1年制のコースは資格取得の最短コースです。とにかく早く働きたい人に向いています。

一方、2年制では資格取得の授業に加えて、より高度な技術や応用が学べます。

そして調理師専門学校では料理人として必要な知識と技術を、基礎から丁寧に学ぶことができます。

例えば世界中の料理を見渡してみると日本料理はもちろんのこと、「フランス料理/イタリア料理/中国料理」などがあります。

それら各ジャンルの料理の基礎をしっかり学ぶことができる他、創作料理や伝統料理なども学ぶことができるのです。

さらに調理師専門学校ではそうした調理方法や調理技術を学ぶだけでなく、食品や調理の安全性や信頼性に関する基礎知識を学ぶこともできます。
ちなみに、食品衛生責任者の資格も取得することができる学校もあります。

就職にも有利に働く調理師専門学校

このように調理師専門学校では、調理全般に関することすべてを習得することができるのです。

そして無事に調理師専門学校を卒業すれば、調理師免許を取得することができるのです。

国に認められた「肩書き」持つことになります「国家資格」

調理師免許を取得していれば、さまざまな就職に有利に働きます。

飲食業界はもちろんのこと、ホテルや病院・学校の厨房など。

将来に対しても間口が広がっていきます。

調理師専門学校は調理師免許を取得するだけでなく、食に関するさまざまな実力をつけることができる非常にやりがいのある場だといえます。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ