即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 基礎知識 > 調理師(料理人)になるには

調理師(料理人)になるには


ランキングはこちら

調理師(料理人)になるには

調理師になるにはふたつの方法があります。
1番目は、調理師学校・調理師養成学校に入学する方法です。
勉強する期間は学校によって違いますが、少なくとも1年以上は必要になります。
調理師学校の場合は、試験を受けることなく調理師免許を取得できるのがメリットになります。

2番目は、レストランや割烹などの飲食店で2年以上の実務経験を積んだあと、調理師試験を受験する方法です。
調理師試験に合格すれば調理師免許を取得できます。
調理師学校と違って、こちらの方は試験に合格しなければなりません。

調理師試験の難易度を気にすることがあるのか?

実際に現場に出てものを言うのは実務経験になります。
調理師学校に入学する方法と実務経験を経て調理師試験を受ける方法は、いずれもメリット・デメリットがあります。
調理師学校に行けば、料理の基礎から学習することは可能です。
しかし、別に調理師学校にいかなくても店舗で料理の実務経験があれば、誰でも調理師試験を受けることができるんです。

肝心なことは調理の現場では経験が物を言います。
調理師学校で勉強する知識は大切なことは否定しません。
しかし、現場では調理師免許を持っているとか持っていないとか関係なしに、就職したら雑用係の下積みからのスタートなんです。

調理師免許を取得すれば就職できる可能性は増えるでしょう。
中卒の人でも未経験者でも可能な求人を探して、2年後に調理師免許にチャレンジする道もあるのです。

調理師専門学校に行けばいい人とは?

特定の料理を目指す場合はいいかも……
あなたが、和食やフランス料理、イタリア料理など決まったジャンルの調理師を目標にしている場合は調理師専門学校がオススメできます。
調理師免許だけなくて、さらに上の資格習得ができるからです。
場合によっては調理師学校から海外留学のチャンスが生まれるかもしれません。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ