即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 調理師免許について > 通信教育で調理師になる

通信教育で調理師になる


ランキングはこちら

通信教育で調理師を目指す

みなさんは、調理師専門学校に掛かる費用がどれくらいなのかご存知でしょうか。

もちろん専門学校によって異なりますが、1年間で約200万円かかるといわれています。

そのため調理師になりたい人の中には「調理師専門学校に通うお金の余裕がない」という人もいると思うのです。

実は、そういう人のために通信教育があるのです。

そこでこの項では、調理師になるための選択肢「通信教育」について考えてみたいと思います。

通信教育のメリット&デメリット

調理師免許を取得する選択肢の1つに通信教育があります。

しかし、通信教育はメリットもあればデメリットもあるのが事実です。

通信教育のメリット

通信教育といえば独学といったイメージがあるかもしれませんが、実はそうではありません。

通信教育はテキストや問題集が自宅に届けられ、それを利用して勉強することができるのです。

もちろん、問題集の添削も受けることができます。

そして何よりも自宅で勉強することができるので、自分自身のペースで勉強に取り組むことができます。

また通信教育に掛かる費用ですが、4~5万円と非常にお得に受講することができます。

通信教育のデメリット

調理師の通信教育に限ったことではありませんが、とにかくすべてが自己管理で勉強しなければならないことです。

例えば、「今日は面倒くさいから勉強をやめよう」「明日、2日分頑張ればいい」といったように、自分を楽な方に誘うことができるのです。

要するにちゃんとした自己管理ができない人ならば、挫折する可能性が高いということです。

通信教育でも調理師になれる!

上記に明記した内容が、調理師になるための通信教育の概要になります。

確かに費用面では非常にお得な通信教育ですが、自分のペースでコツコツと勉強をしなければ、無駄金に終わってしまう危険性もあるのです。

また通信教育は空き時間を利用して勉強をすればいいといいますが、空き時間を確保するのも自分自身です。

もしみなさんが真剣に通信教育で調理師を目指しているなら「継続は力なり」を実践して頂ければと思います。

そして最後に、通信教育のテキストや問題集をしっかりこなしさえすれば、十分に調理師免許を取得することはできると思います。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ