即戦力を養える!東京の人気調理師学校!

食品安全検定


ランキングはこちら

食事をした後に健康被害が出てしまったのをニュースで報道されているのを見かけたことがあるでしょう。

食に関しては安全面がすごく重要なので携わる人はしっかり知識を持ることが大切になってきます。

そのため食品を開発、製造、販売する人に対して正しい知識を持ってもらうために作られたのが食品安全検定です。

食の安全を保ち続ける意味でも必要なので取得する人も増えてきています。

ここでは食品安全検定について解説していきますので参考にしてみて下さい。

検定の特徴は?

食の安全に関する知識を身に付けたいと考えて食品安全検定を受ける人が多いですが、まずは検定の特徴を把握しておく必要があります。

食品安全検定には初級検定試験と中級検定試験の2種類あるのが特徴。

初級検定試験は食の安全に対する基本的な考え方などの知識、中級検定試験は食品の安全管理や食の安全に支障が出る要因などの知識を身に付けることになります。

自分に必要な方を選択して検定を受けてみましょう。

取得対象は?

食品安全検定には初級検定試験と中級検定試験がありますが、どちらを選べばいいのか分からない人もいるのではないでしょうか。

初級検定試験は食の安全に対する基本的な考え方を学びますので食品の製造や販売に携わる人が取得対象となります。

中級検定試験は食の安全の応用的な部分を学びますので食品の開発や現場のリーダーを目指す人が取得対象です。

どの部分で携わるのかでどちらの検定を受けるか決めてみましょう。

出題範囲は常に更新される

食品安全検定を取得するために勉強しますが、出題範囲が気になるところではないでしょうか。

基本的には食品安全検定テキストに基づいて出題されますが、注意しなければいけないことがあります。

食の安全に関する定義は定期的に変化しますので出題範囲も常に更新されるのです。

最新の情報をしっかり頭に入れながら勉強することが大切になってきます。

特に食中毒関連は更新されやすいので忘れずに確認しましょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ