即戦力を養える!東京の人気調理師学校!

食品衛生学


ランキングはこちら

食品衛生学とは?

食品衛生学は、食糧の生産、加工、貯蔵、流通、摂取といった一連の過程の中で、食品の安全性を始め悪化防止などを行うための手段を指す意味がある言葉です。
近年では食品衛生学学科などのように、専門学校や大学でも勉強できるようになり、さまざまな分野で活用されています。

商品はそもそも何等かの栄養があり、衛生的に安全であることが必要条件となるものなので、食品を扱うための容器や器具類などは、常に衛生的であるべきです。
また加工するときに必要になる添加物に関しても、安全が確保されているもののみ使用します。
食品に関しては製造から消費に至るまで、衛生的な管理が必要だと、食品衛生法では制定しています。

食品衛生学では例えば、人の健康に影響をおよぼす微生物の研究や、近年話題になっている腸内細菌などの研究が代表的です。
もちろん、そのほかにも微生物を使用した研究、その他の細菌類を使用した研究なども盛んに行われています。

食品衛生学で研究していること

食品衛生学では、食品に関する研究が盛んで、例えば食中毒の原因になる原因菌や、薬剤耐性菌などについて研究することが多いと言われています。
もちろんこの限りではないものの、食品にとって困ること、人間の生死にかかわること、そういった悪い菌を遺伝子レベルで研究して、適切な対処方法を見出すなどの研究が多くあります。

反対に腸内細菌のように体に良い影響を与える菌類についての研究も盛んで、免疫機能をアップさせる菌や人間の体に有効性のある細菌類を、どのように生活に生かすかなども研究されています。
こうした研究によって、ヨーグルト1つとっても、多くの種類が登場することとなり、どんな効果がある菌が配合されているのかもわかりやすく表示されています。

食品衛生学は、さまざまな角度から食品と向き合い、人体への影響も探ることができる分野で、多くの若者が取り組んでいる研究が多数あります。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ