即戦力を養える!東京の人気調理師学校!
東京の調理師学校 > 調理師免許について > 食品衛生責任者の資格

食品衛生責任者の資格


ランキングはこちら

食品衛生責任者の資格

食品の製造販売を行う店舗や営業所に必要な資格です。
営業許可が必要な業種は細かく指定されています。
一般的には飲食店や食品を加工販売するスーパーマーケットなどの店舗には必要になる資格です。

営業許可証1枚につき食品衛生責任者が一人必要になります。
店舗毎に最低1名は必要です。

大規模な製造所の場合は、食品衛生責任者の代わりに食品衛生管理者が必要になることもあります。
飲食店などの小規模ならば食品衛生責任者で、メーカーならば食品衛生管理者になることが一般的です。

食品衛生責任者は都道府県が管轄しており、営業許可や任命は都道府県の条例で細かく規定されています。
詳細は最寄りの保健所に問い合わせるといいでしょう。

<食品衛生責任者はどんな仕事をするの?/h3>

店舗の衛生管理がメインの業務になります。
具体的には次のような内容になります。
・食材の加熱温度や保管場所の管理と確認
・手洗い・清掃・冷蔵庫温度のチェック表など衛生管理表の作成
・体調不良のスタッフを働かせていないか従業員の衛生管理
・不衛生箇所の是正
・設備の点検

これらすべてを食品衛生責任者がすることではありません。
従業員に任せることもあります。
しかし、作業場所の衛生管理が正確に履行されているか管理や指導することは食品衛生責任者の役割です。

食品衛生責任者資格はどのように取得するの?

それぞれの地方自治体で開催される養成講習の受講をしなければなりません。
食品衛生責任者は決められた所定の資格を持つ人物か養成講習を受けたあとに地方自治体に申請して任命されるシステムになっています。養成講習を受講しても有資格者になるだけです。
所定の資格を持つ人は、医師、歯科医師、薬剤師、調理師、船舶料理士、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、食品衛生管理者、食品衛生指導員もしくはその経験者、食品衛生監視員の資格を持っている人になります。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ