即戦力を養える!東京の人気調理師学校!

食品表示検定


ランキングはこちら

食品表示の正しい知識を身に付けて日常生活に活かすことができる資格が食品表示検定。

初級、中級、上級の3段階に分かれていますので自分のレベルを考えて検定を受けることができます。

最初から上級を選ぶことができませんが、中級なら可能。そのため中級から始める人も少なくありません。

中級から始めると初級資格費用がかかりませんので経済的にメリットになります。

しかし注意点もありますので中級から始める場合はしっかり頭に入れておきましょう。

知識の取得に時間がかかる

どのような勉強でも初級レベルの知識を身に付けてから中級、上級と進んでいくのが基本。

よほど頭が良い人なら最初から中級や上級レベルの知識を身に付けることができる場合もありますが、ほとんどの人が難しいでしょう。

まだ初級レベルの知識が身に付いていないので中級レベルの知識を覚えようとしてもなかなか頭に入りません。

結果的に知識の取得に時間がかかってしまいますので非効率にならないように注意が必要です。。

モチベーションの持続が難しい

初級と中級を比較すると出題範囲が大きく変わってきます。

初級は出題範囲があまり広くありませんので比較的覚えやすいです。

しかし中級になると深い知識まで学んでいきますので出題範囲も広くなります。

初級から始めていれば段階を踏んでいるのでそれほど大変には感じないですが、中級から始める場合はかなり大変。

モチベーションが低下して勉強に集中できなくなることも多いので自分なりの対策を考えておきましょう。

合格率は高いけど予想以上に難しい

食品表示検定の中級の合格率を見てみると約65%ですので高い部類に入るのではないでしょうか。

合格率が高ければ最初から中級でも大丈夫と思ってしまう人も多いでしょう。

しかし中級は100点防止のために難問を出題する傾向があります。

暗記だけで解ける問題が多く出題される初級とは全然違うのです。

そのため最初から中級の検定を受けると予想以上に難しいと感じます。

合格率の高さだけで判断しないようにしましょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

基礎知識

調理師免許について

口コミ・評判

サイトマップ 運営者情報 お問い合せ